上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.31 大晦日
12月31日早朝4時30分頃母からの電話で起きました。母は振り絞るような声で
「至急家族全員で来てほしい、そして母の兄夫婦も一緒に来てほしい」との事でした。
病室に着くと母は僕たちの手を握り、何度も「ありがとう」と言い泣いていました。現在午後16時23分ですが、それからまだ病室にいます。母は時折目を覚ましますが基本的にずっと寝ています。あれほどすぐに帰れと言っていた母が今夜はここに泊まってほしいと言っています。自分の命の充電が残りわずかだとそう感じているようです。最後に僕に頼ってくれたことがとても嬉しいし、命の火が消えるまで一緒にいようと思っています。

2012年、こんな大晦日です。
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。