上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.25 村崎百郎の本


『社会派くんがゆく!』で
10年に渡り表紙の絵を描かせていただいていた作家、
村崎百郎氏が死去してもう4ヵ月が経ちました。
7月23日夕、自宅で仕事中にあがりこんできた
ファンを自称する男に刃物で胸を20数回、
刺されて亡くなりました。

48歳、これから作家としての本領を発揮できた
はずなのに本当に残念で仕方ありません。

その村崎氏の軌跡を辿り、その「鬼畜ライター」としての
虚像と「黒田一郎」個人の実像を浮き彫りに
する素晴らしい本が完成し、表紙の絵を描かせていただきました。
特に高校時代からの友人京極夏彦氏のインタビューは
胸に迫ってきます。

僕も村崎氏とは同時期のデビューで「危ない一号」などで
たびたび氏の挿絵を描かせていただいていたので
これで村崎氏の装画を描くのが最後かと思うと
とても寂しいです。

本日発売ですのでよかったらお手に取ってご覧下さい。


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。