上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父の訃報に対して
たくさんのコメントありがとうございます。
皆さんの肉親が亡くなった話は
身につまされるものばかりでした。
そして父への温かいお言葉、
父も喜んでいると思います。

葬儀の席でお坊様がいい話をしてくださいました。
発表されてる寿命というのは平均寿命ではなく
「今0歳の子があと何年生きるか?」という
平均余命だと言うのです。

つまり「今生きてる人」の平均を取ったのであって
死んだ人は含まれていないため実際より高い。

死んだ人を含めて本当の平均を取ると55~60歳ぐらいが平均寿命で
お坊様も60以前の方の葬儀の方が多いと実感してるといいます。

高齢社会は余命が高く子供が多い国は余命が低くなります。
国は寿命を発表したら年金の支払い時期を下げないといけないから
余命を発表してるのではないかと言ってました。

だから僕の父は長生きしたんだとお坊様は言って下さいました。
それで悲しみが癒えるわけではありませんが
70歳で「死が早かった」という悲しみはなくなりました。

60歳になったらいつ死んでもおかしくないという覚悟が必要だとも
おっしゃっていました。
漠然と寿命は80歳という思い込みはなくそう、そう思いました。
寿命は60、あと20年と思えば生き方や覚悟も違ってきます。

父に感謝し充実した人生を送ろうと思ってます。
スポンサーサイト
2008.12.21 お知らせ
今日の10分落書きは
父の最後の手です。

父



12月20日父が亡くなりました。70歳でした。
悪性中皮腫というアスベストの癌に
かかっていることがわかったのが2年前で
手術して片肺を摘出し、できるだけのことは
しましたが、旅立ちました。

父は僕に多大な影響を与えてくれました。
父は幼少の頃より週刊の少年漫画5誌をすべて与えてくれて
いました。毎週毎週、18歳まで!
父に育てられなかったら漫画を描くことはなかった
でしょう。

決して裕福ではない家計をやりくりして
美大に入れてくれて
その後もやりたいことを反対など一度もされず
好き勝手やらせてもらいました。
おかげで今の僕があると思ってます。


父には感謝の気持ちでいっぱいです。
ようやく痛みから離れられたのでゆっくり休んでもらいたいです。

というわけでこのブログでクリスマスや
正月もお祝いの言葉は控えさせていただきますので
ご了承ください。

早速の近況ありがとう。
そっか、受験生も多いんだね。
頑張ろうね!

「f」の僕の特集読んでくれたかな?くれたよね?
小畑先生のライチ絵や小畑先生との対談は
各方面から反響がありました。

そして我が家にお宝がきたんです。
なんと、おおおおお小畑ライチの原画・・・・

obata01.jpg

ないよね?これないでしょ?
一月前に小畑先生のご好意でいただけたの
ですが誰にも言いたくなくて一人で眺めてました。
これぞコピックの神業。A3コピー用紙ですよ。10円の!

obata02.jpg

人は鍛えてここまで来れるのだなあと。
現代日本の漫画って中世絵画の工房みたいだなって思うんです。
極限に鍛えられた絵や物語の数々。その中でも最高峰にいる小畑氏の
原画です。素晴らしい。
はあああ僕もっと頑張ります。

小畑先生、本当にありがとうございます。
一生の宝物です。

2008.12.10
先週絵本のサイン会に来ていただいた方
どうもありがとう!(ほとんどハクエイのファンだったけどw)

最近ご無沙汰してごめんなさい。
ずっと仕事してますよ。描きすぎてて手に力入らなくなってきたので
最近は優しくペンを持つようになったら線が細くなりましたよ。
来月発売の「ピカソ」から細線の兎丸が見られますw

近況としては・・・
そうそう創形美術学校で講師やったりしましたね。
みっちり三時間話しましたよ。
あとは、友人の藤谷文子ちゃんの舞台観にいったり
その後みんなで飲んだり、
こう書くとなんか仕事づけじゃないみたいですけどね。
これから忘年会がたくさんあるのできっちり仕事しておかないとね。

あまりに書くことが散漫なので
皆さんに投げときます←出た!

皆さん、この年末なにしてます?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。